適性診断!i-smile(アイスマイル)に向いている?向いていない?

適性診断!i-smile(アイスマイル)に向いている?向いていない?

i-smile(アイスマイル)を始めようか検討していると、「この英語教材は自分に向いているのだろうか…」と考えるときもあるでしょう。お金を払ってサービスを受ける以上、失敗したくないと考えるのは当然です。特に英語が嫌いな人であれば、その気持ちが強くあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では口コミなどからわかった失敗事例を引き合いに出しながら、i-smile(アイスマイル)に向いているのはどんな人なのかご紹介します。もし当てはまらない場合でも、どうすれば向いている人になれるのかもアドバイスしていますのでぜひ参考にしてください。

過去の失敗をはねのけられるか

過去の失敗をはねのけられるか

英語が嫌いになってしまった人の多くは、過去に何か苦い経験があるでしょう。「評判は嘘じゃなかった!i-smile(アイスマイル)で英語嫌いを克服」で紹介したように、思うように記憶ができなかったりネイティブを目の前にしたら頭が真っ白になってしまったり…。i-smile(アイスマイル)では、こういった経験をどれだけ“気にしないか”が鍵となります。

「できない」という気持ちが妨げになる

何か新しいことを学習するとき、最初できないのは無理のないことです。しかしだからと言って、「私はできない」と思っているとできるものもできなくなってしまいます。それは教え方の技術に長けたコーチから指導を受けたり、何人もの成功者を生み出したメソッドを使ったりしても同じです。

i-smile(アイスマイル)も当てはまります。ドラマを見ていてもわからない、発音を練習をしてもやっぱり自分は無理、などと思っているといかにi-smile(アイスマイル)と言えども効果を得ることはできません。

失敗を糧にする

したがってたとえ今はできなかったとしても、i-smile(アイスマイル)を使えば上達する、ネイティブと話せるようになると意識しておくことが大事です。

その点、英語が嫌いな人はそうした意識を持ちやすい部分があります。なぜなら過去の失敗から、i-smile(アイスマイル)で習うときに改善する点が見つかりやすいから。上手くいかなかった分i-smile(アイスマイル)でできるようになったという点に気づきやすいからです。

目標を明確に持てるか

目標を明確に持てるか

目標を明確に持てる人は、i-smile(アイスマイル)に適しています。ここで言う目標とは「ネイティブと楽しく英会話ができるようになりたい」「英会話をマスターしてキャリアアップしたい」など特に決まっていません。いずれにしても、目指すべきところがはっきりと見ている人にi-smile(アイスマイル)は大きな力を貸してくれます。

i-smile(アイスマイル)は移動手段

i-smile(アイスマイル)に寄せられた上達できなかったという人の口コミでは、次のようなものがよく見られます。

「i-smile(アイスマイル)のドラマがわからなかった」

「復習用のゲームができなかった」

「ネイティブの先生とうまく話せなかった」

こうした人たちはi-smile(アイスマイル)の教えてくれることが理解できないということでモチベーションが下がり、気がついたらやめてしまった…という流れに陥っています。なぜこのようなことが起きるのかと言うと、i-smile(アイスマイル)をマスターすることがi-smile(アイスマイル)をやる目的になってしまっているからです。

i-smile(アイスマイル)をやる以上それは当然のことと言われそうですが、しかしi-smile(アイスマイル)をやる目的というのは英会話を身につけるためであり、その英会話で先ほどあげた目標を果たすためのはずです。

i-smile(アイスマイル)はあくまで旅行先に行くための移動手段。i-smile(アイスマイル)をやる目的になっている人は、電車切符をスムーズに予約するためにはどうしたらいいかを、いつまで経っても学んでいるようなものです。

i-smile(アイスマイル)はさまざまな目標に対応

目標を明確に持てる人が向いているのは、その目標を果たすためにすぐに行動に移す癖が身についているからです。温泉街に行くために多少予約に苦労してもとにかく切符を取るのと同じように、多少苦手と思ってもドラマを見たりゲームをやる。うまく話せなくても積極的にネイティブの先生と会話する。こうした行動力こそが、英会話スキルのアップに繋がります。

どんな目標でも構わないので、i-smile(アイスマイル)をやる目的以外のものを明確に持つようにしてください。小さな目標でも突拍子もないものでも、英会話が関わっていることであればいいでしょう。i-smile(アイスマイル)はさまざまなニーズに対応している教材なので、必ずやあなたのサポートをしてくれます。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)の失敗例から、i-smile(アイスマイル)に向いている人かどうかを診断する項目をあげました。もし自分は違うと思っても、ここに紹介したアドバイスをぜひ今からでも意識しておくといいでしょう。それだけでもi-smile(アイスマイル)で上達するスピードはぐんと上がりますよ。

i-smileの公式サイトへ TOPページを見る